今日のレッスン

クリスマス大塚直伝「グルテンフリー・アフタヌーンティ」

投稿日:2016年12月17日 更新日:

12月16日&17日の2日間、在校生・卒業生対象のクリスマス大塚直伝グルテンフリー・アフタヌーンティのレッスンがありました。

10時半スタート、時々小休憩を取りながら、6メニューの実習とデモンストレーション、そして、怒涛の4時間を過ぎたころ。やっとお食事タイムとなりました。

 

6メニューをご紹介

☆小麦、乳製品、卵不使用の「シュトーレン」

☆小麦、乳製品、卵不使用の「田んぼのスコーン」

☆小麦、乳製品、卵不使用の「タルトレット・フール」

☆手成形グルテンフリーパン「ソーセージのパイ風包み焼き」

☆根菜のクリームスープ(もちろんグルテンフリーです)

☆グルテンフリー米粉パンを使って「サンドイッチ」

と、かなり盛りだくさんのメニューでした。

 

3段のタワーの1段目にはサンドイッチ

2段目には田んぼのスコーンとシュトーレン

3段目にはタルトレット・フール

ソーセージのパイ風包み焼きをサラダと一緒に盛り付けました。

奥が根菜のクリームスープです。

 

ソーセージのパイ風包み焼きを半分に切ると、こんな感じです。

手成形ができるようになり、クープがきれいに入ります。

 ソーセージと一緒に入っているキャベツがいい仕事をしています。

使用するバターの量はパイに比べたら格段と少ないのに、バターの風味が十分に伝わってきます。

ソーセージの美味しさもダイレクトに伝わってきます。

米粉は出しゃばらず、相手の良さを引きだしてくれます。

米粉は本当にいい性格なんですね。

 

 

昨年、一昨年と好評だった3大アレルゲンフリーのシュトーレンは今年、6個取りのマフィン型で焼くミニ・シュトーレンとなりました。

1個をうすく6切れにできるので、結構楽しめますね。

1日で食べきってしまわずに、ぜひ1切れずつ召し上がって味の変化をお楽しみください。

切り口を見てもお分かりかと思いますが、これはまさにシュトーレンです。

しかもグルテンフリーのシュトーレンです。

 

 

グルテンフリー・米粉100%プレーンパンで作ったサンドイッチ。

黙っていたらグルテンフリーとは思えないパンのフワフワ感が驚きです。

すごい、としか言いようがありません。

グルテンフリーのパンの進化が止まりません!

 

 

 

両日とも満席、大盛況のうちに2日間のレッスンを終えました。

「アフタヌーンティ」をグルテンフリーで作りたい、という思いを抱いて、やっと実現した今回の大塚直伝ですが、参加された皆様に満足していただけたならば、このうえもない喜びです。

グルテンフリーがブームとなっています。

今回の直伝でグルテンフリーのアフタヌーンティを完成させてみて、もっともっと多くの方がたにこんなに素敵なアフタヌーンティを召し上がっていただきたい、という思いが一層深まりました。

スタッフ一同、さらに精進してまいりたいと思います。

今後ともサラ・グルテンフリークッキング広尾をよろしくお願いいたします。

 

今回、参加できなかった在校生・卒業生の皆様に、朗報です!!

来年のバレンタイン企画で大塚直伝「グルテンフリー・バレンタインの日のアフタヌーンティ」を開講する予定です。どうぞお楽しみになさってくださいクラッカー

-今日のレッスン

Copyright© 大塚せつ子式グルテンフリー米粉パン ON田House表参道 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.