栄養コラム

食事をよく噛むだけでOK!全身キレイになれる唾液美容法

投稿日:

前回のコラムでは、小麦パンよりも米粉パンの方がよく噛んで食べるようになるとお伝えいたしました。

「よく噛んで食べましょう!」というのは、小さい頃からよく聞く言葉だと思います。

でも、噛んで食べたほうがいい具体的な理由は、あまり聞いたことがない人も多いのではないでしょうか?

今日は「よく噛む」ことがどれくらい大切なことなのか、お話したいと思います。

噛むことで体に栄養素を取り込んでいた!

最近はスムージーや野菜ジュースで栄養素を摂る方も多いですが、食事は形のあるものをしっかり噛んで食べることが重要です。

当たり前のように分泌される「唾液」ですが、実はこれが栄養素を取り込むためには必要です。

噛まないと唾液が出にくくなるので、同じものを食べていても栄養素の吸収が悪くなってしまうのです。

それはとてももったいないですよね。

1口に30回は噛んで食べることをおすすめします。

実際に数えてみると、意外と噛んで食事をしていなかったことに気がつきます。

今すぐできる噛む美容法!5つの効果

1.脳トレになる

よく噛んであごを開けたり閉じたりすると、顔や頭の筋肉がよく動きます。

すると血の流れがよくなり、脳のガソリンとなる糖や酸素の運搬がスムーズに行われます。

脳のガソリンがスムーズに運ばれることで、集中力がアップしたり、うつや認知症の予防にもなります。

2.ダイエット効果

よく噛むことで、脳の中にある満腹中枢が刺激されて、食べ過ぎや肥満を防止できます。

食事の味が濃いと、反射的にすぐ食べ物を飲み込んでしまうので、薄味を心がけるようにしましょう。

3.胃腸の筋トレ

胃腸はほとんどが「筋肉」でできています。

固形物を噛んで食べることで胃腸も働くので、胃腸の筋トレをしていることになります。

いつまでも若々しい身体を保つためには、胃腸の機能を元気にしておくこの「食べる筋トレ」が大切です。

4.顔のリフトアップ

噛むことで口周りの筋肉が鍛えられるので、小顔や二重あごの改善など、リフトアップ効果がみられます。

また、唾液がたくさん出ることで新陳代謝も活発になり、肌がきれいになります。

5.虫歯・歯周病予防

唾液には口の中を洗い流す役割もあります。

虫歯や歯周病を予防するだけでなく、がんの予防成分としても注目されています。

つまり唾液の成分は身体の健康を保ってくれるのです。

まとめ

このように、時間をかけてしっかり噛んで食べることで、全身の調子が良い方向へと変化していきます。

意識的に噛むことも大切ですが…小麦パンを米粉パンに変えてみたり、よく噛むような根菜類を料理に取り入れるなど、自然と噛むような食事内容にすることもおすすめです。

ぜひ今日から意識してみてくださいね。


この記事を書いた人

-栄養コラム

Copyright© 大塚せつ子式グルテンフリー米粉パン ON田House表参道 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.