グルテンフリーって聞くけどけっきょく何?ダイエットにもいいって本当?

サラ・グルテンフリークッキング広尾の特徴は、小麦粉を一切使わず日本の米粉でパンや料理を作るところです。

米粉を100%使うことを、グルテンフリーと言います。

でもこの「グルテンフリー」という言葉、まだ日本ではちょっと聞きなれないかもしれません。

今日はグルテンフリーが体にいいと言われている理由を書いてみました。

グルテンフリー?いやそもそもグルテンって?

そもそもグルテンとは、小麦粉などに含まれるたんぱく質の一種のことです。

例えばパンやクッキーを作る時に、丸めたり延ばしたりしますよね?

そうやって生地がまとまったりするのは、グルテンのおかげなのです。

小麦粉を水と一緒に捏ねるとグルテンが精製されます。だからパンやクッキーを作るときには、よ~く捏ねる必要があるのですね。

あの作業はけっこう力がいるので大変です。

これこれ、この伸びる感じ。

そしてグルテンフリーというのは名前の通り「グルテンを全く含まないよー」という意味なのですが、では「パンやお菓子を食べなかったらグルテンフリーなのか?」というと、そうではありません。

「小麦です」と主張していない製品にも、実は小麦は使われています。味噌やしょうゆ、カクテルなどにも使われているのです。

そう考えるとお米が主食の日本人も、日常的にグルテンを食べていることになりますね。

グルテンがないとパンやお菓子は作れないの?

みなさんご存知の通り、現在ではグルテンが全くなくても作れるようになりました。

それは代表の大塚せつ子先生が、長年の研究によって米粉ならではの作り方を編み出したからです。

そして最近では、スーパーでも米粉パンを多く見かけるようになりましたよね。

ところがパッケージを見てみると、グルテンフリーと書いておきながら小麦粉が混ざっているものも存在するのです。

なぜ小麦粉を混ぜなければならないか?というと、米粉だけでふんわりしたパンを作るには、非常に高度な技術が必要だからです。

「同じ粉類だから、同じ作り方で作れるでしょ!」と思っていたらとんでもない。

水分量・温度管理・生地の捏ね方などなど、小麦粉のパンとは違う部分がとっても多いんです。

詳しくは、レッスンで大塚先生から教えてもらってくださいね。

グルテンフリーがはじまったのは、アレルギーの治療法からだった

海外ではグルテンフリーダイエットがブームになっていて、スーパーやファストフード店でもグルテンフリー製品はたくさんあります。

実は海外では、グルテンアレルギー(セリアック病など)の疑いがある人が多く、治療法として「グルテンを除去してみたら体調がよくなった!」という例が多かったことで、世界中に広がっていったのです。

グルテンフリー食と言うと

  • ごはん
  • 雑穀
  • 芋類
  • 果物と野菜
  • 肉・魚・卵
  • 豆や大豆製品
  • ナッツ
  • 乳製品

などになりますが、これは昔から食べられてきた和食とほとんど同じ内容です。

日本人でもグルテンを食べない生活を実践している人は

  • 痩せて肌がキレイになった!
  • 集中力があがった!
  • 疲れが溜まらなくなった!
  • 便秘がなおった!
  • 気持ちが落ち込まなくなった!
  • 肩コリや偏頭痛がなおった!
  • ひどい生理痛がなくなった!

ということを話している人もたくさんいますが、これはきっと和食という日本人の体に合った食事だからなのかもしれませんね。

グルテンフリーの米粉パンは元々がお米なので、和のおかずとの相性もばつぐんです。

グルテンフリーのパンや料理を食卓に取り入れて、和食中心の生活で健康と美を手に入れちゃいましょう。

最後に

ミスユニバースジャパン公式栄養コンサルタントのエリカ・アンギャルさんが「グルテンフリーダイエット」という著書を2013年に出版しました。

そのエリカ・アンギャルさんと代表大塚せつ子先生が2015年に対談を行った様子です。

日本のグルテンフリーの第一人者である大塚せつ子先生と、海外でグルテンフリーダイエットを推奨しているエリカ・アンギャルさん。

お二人がキラキラしている理由は、グルテンフリー食が中心だからなのかもしれませんね。


参考文献

MedlinePlus
https://medlineplus.gov/ency/patientinstructions/000813.htm(2017/12/12アクセス)

著者 エリカ・アンギャル「グルテンフリーダイエット」ポプラ社(2013)


この記事を書いた人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。