大豆粉入りのグルテンフリー1斤パンが焼けました

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

大塚せつ子式グルテンフリーパン専科STEP1コースの

昨年秋にスタートしたクラスが もう全10回のうち 8回目のレッスンとなりました。

本日は、大豆粉入りのグルテンフリー米粉パン のレッスンでした。

スクエア1斤型で焼きました。

大塚せつ子が考案した仕切り板を4枚使うことで、焼きあがりが何と、5枚に!? 型から5枚になって出てくると、歓声が上がりましたクラッカー

大豆粉がほんの少し入るだけで、ふわふわ、柔らかく焼きあがりました。大豆粉の力、恐るべし。

大豆粉と言っても加熱処理された黄粉ではありません。酵素がまだ残っている大豆粉だからこそ、

しっとり、ふわふわと、翌日も柔らかい、おいしいパンに焼きあがりました合格

焼きたての切りにくさを解消した仕切り板はすぐれもの。

「必要は発明の母」 ということわざを思い出しました。

いま世の中に出回っているパンの道具類は小麦粉のパンを焼くためのものが多く、まだまだグルテンフリー・米粉パンのために作られた道具類が少ない。

そこで寝ないで(寝ながら?)考案してしまうのが、サラ・グルテンフリークッキング広尾主宰の大塚せつ子です。まさに必要は発明の母です。

今後も一体どんなものが考案されるのか、目が離せません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。