正真正銘・グルテンフリーのカレーパンが焼けました

大塚せつ子式グルテンフリーパン専科STEP2ではグルテンフリー・手成形米粉パンを学びます。

ある一日のレッスンレポをお届けします。

この日は、焼きカレーパンとオレンジブレッドの2種類を焼きました。

カレーパン はカレーフィリング、パン生地、パン粉でできていますね。

カレーフィリングはもちろんのこと小麦粉不使用、米粉パンで手作りした自家製パン粉をまとい、揚げずに焼いた、正真正銘グルテンフリー・焼きカレーパンです。

カリッとサクッとした衣でまず感激、もちもちのおいしいパン生地の中からは、スパイスが絶妙にきいたカレーフィリングが出てきます。

このカレーフィリングも自家製。短時間でできるのに、まるで一晩寝かせたような味わいなんです。大好評の焼きカレーパンです。

内心、このカレーパンでカレーパン屋さんができるなあと思っています。カレーパンと同じ日のメニューは オレンジブレッド(クリームチーズ入り)です。

 

オレンジピールの入ったパン生地の中からは、クリームチーズフィリングが出てきます。

オレンジとクリームチーズの組み合わせは間違いないですね。相性GOOD音譜

オレンジの香り漂うパン生地は甘さ控えめ。トッピングに粉糖をかけなければ朝食にもいただけますし、粉糖をかけてティータイムのお供にもなります。

 

カレーパンもですが、このオレンジブレッドもどこからどう見ても、普通の小麦粉のパンにしか見えませんね。

その技術を学べるのが、大塚せつ子式グルテンフリーパン専科です。

まずはSTEP1を学び、そしてSTEP2の全8回のレッスン(各レッスン2アイテムを学びます)終了後には講師認定のテストがあります。

筆記テストと実技(オリジナルレシピ)。そのオリジナルレシピは毎回素晴らしくて驚かされます。

今春4月に新たに認定講師が誕生いたします。きっと皆さんの力作が見られることと、今から楽しみです。

 

検定を受けられる皆様へ、どうぞ頑張ってくださいビックリマーク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA