ジュニア・スペシャリスト第4回はグルテンフリースイーツを学ぶ

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

ジュニア・スペシャリストコースの第4回目のレッスンは【グルテンフリーのスイーツ】

 ①シフォンケーキ「抹茶のマーブルシフォンケーキ」(卵使用、乳不使用)

米粉を使ったスイーツのなかでも、米粉ならではのよさが伝わるシフォンケーキの復習と実習2色の生地を仕込むポイント、ぬれ甘納豆を入れるポイント、今までに何度もシフォンケーキを焼いていらっしゃる方ばかりなので、手慣れたものです。
お家に帰られて、切り口にはどんなマーブル模様が出現したことでしょう。

②卵、乳、ナッツ不使用のデコレーション用のクリーム(デモ)(3大アレルゲンフリー)

グルテンフリーのお教室をやっていると、アレルギーの方のデコレーションケーキを頼まれることがあると思います。
そんな時に役立てばと思い、卵、乳、ナッツ不使用のデコレーション用のクリームをデモンストレーションしました。
自由が丘にあるマクロビスイーツのGRACEFUL SWEETSで習ったJクリームをベースに、手にはいりやすい材料にアレンジしました。
豆腐クリームからスタートし、改良に改良を重ねること8年でバージョン6が誕生したそうです。その歴史を聞くだけで、頭が下がります。バージョン6はより軽い食感になっています。
乳製品の生クリームが大好きな人からは、油が舌に残る、というマイナス評価もありますが、おおむね好評でした。昔懐かしいラクトアイス、アイスクリンのような味わいです。

③マンゴーソイアイスとチョコソイアイスの実習(3大アレルゲンフリー)

つくり方はほぼ②のデコレーションクリームと同じ。超簡単ビックリマーク
煮て、冷凍して、フードプロセッサーで混ぜるだけ。
米粉を加えることで、アイスが溶けてポタポタと流れだすことなく形をキープします。
寒天を使っているので常温で固め、そのまま家に持ち帰っていただくことにしました。
家に帰ったら、冷凍庫に入れて固まったら、フードプロセッサーで混ぜてアイスクリームに。

④たこと枝豆のアヒージョマフィン(3大アレルゲンフリー)

今回のレッスンはスイーツ編で、試食が甘いものばかりでは辛いものがあるかなと思い、お食事系のマフィンにしました。ちょっと珍しい「たこと枝豆のアヒージョ」を使ったマフィンです。
大人向きかもしれません、白ワインやビールのおつまみにもなります。ほどよいにんにくの香りが食欲をそそります。

④アレルゲンフリーのスポンジケーキ(卵、乳、小麦、ナッツ不使用)

豆乳メレンゲをつくり、粉と合わせて、焼成。簡単すぎます。カボチャパウダーを使って、見た目はスポンジケーキそのもの。
②でつくったクリームを詰めて、ラズベリーのジュレとラズベリーを飾りました。このケーキは冷凍可です。
ただし、生のフルーツは召し上がるまえに飾ってください。遠く離れた方へ、送ることもできます。
 

⑤マンゴ―とチョコのパフェ

クリームがあって、マンゴーアイスとチョコアイスがあれば、この暑い時期ですから、パフェにしました音譜
    
自分のパフェは自分で楽しみながらつくっていただきました。
パフェを食べるのいつ以来だろう!?
第4回ジュニア・スペシャリストコース、無事終わりました。
朝から夕方まで、途中眠ることもなく、みなさん、お疲れ様でした合格

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。